三次元測定機で具現化を図る|驚愕の最新の技術

作業員

粉砕工事と資源の再利用

工事

資源の再利用が、企業の義務となりつつあります。今後、東京オリンピックの開催を控え、この傾向はより顕著となる事でしょう。ガラパゴス―ふるい機は、工事現場における屑ゴミを合理的に分別することにより、企業のエコ活動を支援します。

もっと読む

環境に優しい機材

工事現場

残土ふるい機は、対象物に合わせ網目の大きさを変更して利用できます。操作も容易で、どなたでも運転しやすい構造になっています。購入する場合は、専門業者に依頼するケースが多いですが、場合に応じ、レンタルや中古品を取り寄せるという手段もあります。

もっと読む

立体サイズの測定に関して

作業員

何らかの立体におけるサイズを測定したい時に、三次元測定機と呼ばれる機器が使われます。この三次元測定機とは、機器の測定範囲に置かれた立体に対してレーザーや超音波を照射し、立体の位置と座標を測定してサイズを割り出す機器を総称したものです。こうした三次元測定機で繊細な部品のサイズを測定する場合は、より正確なサイズを割り出すために注意すべき点が挙げられます。主な点としては、温度や場所の傾斜を安定させる事があります。三次元測定機では光線照射部と測定対象との位置関係が、測定精度の上で重要となっています。そこで測定対象が傾いていたり、何らかの振動で揺れていたりすると、誤差の基となります。また温度が変化すると、測定対象の膨張や収縮によって誤差に繋がる確率も出てきます。したがって通常は、測定対象を一定温度で数時間放置した後、測定する事が推奨されています。

こうした三次元測定機は従来、繊細な部品を測定する用途が主とされていました。しかし近年では技術の進歩によって測定条件の幅も広がり、その用途にも広がりが見られています。新しい用途の代表例としては、衣料品売り場での体形測定が挙げられます。これは店舗の中に設置された専用の三次元測定機に来客者が入ると、ウエストや背丈などの寸法が数十秒程度で割り出される仕組みになっています。これにより、店員が測定する手間が省ける他、お客のサイズ違いによる買い直しを防ぐメリットを呼んでいます。また体形の測定であれば、先に記した様な条件による測定誤差の影響が許容範囲に収まる事も、活用の広がりに繋がっています。また他にも、3Dプリンターと連携した試作品作成という用途も挙げられます。本体から測定したデータをプリンターに活用し、コピーを作成する事が可能となっています。この他、機器の小型化や測定動作の自在化などにより、更なる活用の広がりが期待されています。

たよれる機械を実感

メンズ

食材として使用する原料から、ガレキといった大きなものまでを選別してくれるのが、ふるい機です。何を選別するかや現場によって、使える機種は異なります。まずは試してみたい方は、レンタルサービスを利用するといいでしょう。販売会社に問い合わせるとレンタル料が分かります。

もっと読む